老後はマイホームと賃貸物件のどちらがよいか

老後はマイホームと賃貸物件のどちらがよいか

老後をマイホームで暮らすべきか、賃貸物件で暮らすべきかについては諸説あり、悩んでいる人も多いのではないでしょうか?老後を夫婦で暮らすにせよ、生涯シングルで過ごすにせよ、住みかは必ず確保しなければなりません。その住みかのために、老後に家賃を負担するのは大変ですが、老後まで住宅ローンが残っているというのも厳しいものがあります。

定年退職後の20年か30年を年金で暮らすとして、その期間を賃貸物件で過ごすとすれば、家賃が月5万円の物件だったとしても、20年で1200万円、30年だと1800万円の家賃が必要になります。家賃が月10万円ならその2倍になり、30年で3600万円も必要になってしまうわけです。年金を十分にもらえるのならよいのかもしれませんが、これからの時代は年金の受給額も不安ですので、十分に考えて計画をしておく日通用があります。

これに対して、マイホームを購入する場合は、賃貸物件の場合にかかる家賃は必要ありません。その代わりに、住宅ローンという負担があります。現在、働いている人であれば、住宅ローンを組んでマイホームを購入することは難しいことではありません。しかし、返済プランが老後にまでかかるような場合は、老後に支払っていけるかということも考えておかなければなりません。